予備車検とは

予備車検とは、廃車されている、ナンバーが無い車両を名義変更等の登録手続きをせずに事前に車検を受けて車検期間を持たせておく事で、一般には予備検査を言われています。
予備車検の検査の内容は通常の車検と同様ですが、廃車されているナンバーの無い車両のみが受けることができます。
車検の有効期限が切れている車両でも、廃車手続きが完了していなければ通常の継続車検となりますので、ご注意ください。

予備車検を受けた車両は、自動車予備検査証という予備車検証明書が発行されます。
予備車検後3ヶ月以内であれば、ナンバーの無い廃車登録車両は自動車予備検査証を提出をおこなった場合、車両購入時に車検を受けなくても車検有効期間が2年間として新規登録手続きがおこなえます。

また、予備車検は、実際の車検の際に その車両が問題なく車両が合格できるかを車検場の検査ラインと同じ機械で車両の確認や調整して車検に備えるということにも使われます。
主に、ユーザー車検や車検代行の方が多く利用しています。
特に、ユーザー車検で車検を受けられる方は、車検場の検査の予行練習として予備検査を受ける方が多いようです。

予備車検の必要書類について

予備車検を受ける際に必要な書類は以下になります。

(1)自動車検査証(車検証)または抹消登録証明書
(2)委任状(実印を捺印しているもの。ただし、本人が予備車検手続きをおこなう場合は不要。)
(3)譲渡証明書(譲渡等で所有者が変わる場合。)(旧所有者の認印が捺印してあるもの。)
(4)24ヶ月点検記録簿(車検後に整備する場合は不要。)
(5)申請書(1号様式)
(6)自動車検査表

予備車検費用

小型車         1,400円
小型以外(普通)    1,500円

予備車検場

予備検査場は、多くはナンバーを管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所等の近くにあります。
予備車検を受けることが決まったら、事前に調べておくと良いと思います。


ページトップへ
Copyright © http://sya-ken.com/ All Rights Reserved.